20190802_NAL

IT企業がベトナムIT法人を設立するメリットと課題

日本では、ITエンジニアが大幅に不足

経済産業省は2030年には78.9万人のITエンジニアが不足すると試算しています。

出所)http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html

 

オフショア開発の限界

そのため、システム開発をベトナムなどの国のIT企業に委託する「オフショア開発」の需要が大きくなっています。

 

確かに簡単にエンジニアを確保することができ、すぐにシステム開発をスタートすることができるというメリットもありますが、課題もあります。

 

例えば、ラボ契約を行えば、技術面、業務面のノウハウはオフショア開発企業には蓄積されるものの、永続的なものではありません。

契約が切れてしまえばせっかく蓄積したノウハウは消滅してしまいます。

 

ベトナムIT子会社として、現地法人を設立するという選択肢と、課題

 

そこで、ベトナムに現地法人としてIT子会社を設立するという方法が注目されています。

しかし課題もあります。

 

課題1)現地でのエンジニアの採用/ヘッドハンティング

 

まず、ベトナムの大学や、エンジニアのネットワークにアクセスできない日本企業にとって、現地でのエンジニアの採用は大きな課題です。

 

課題2)現地でのエンジニアの教育/IT教育・日本語教育

 

さらに、せっかく採用できたとしても、現地でのIT教育や日本語教育をどのようにすればよいのか、ノウハウを持っている日本企業は少ないと思います。

 

課題3)現地エンジニアのマネージメント

 

また、離職率の高いベトナムにおいて、継続して所属してくれるように、モチベーションをマネージメントし、適切な報酬設定やキャリアパス構築を行う必要がありますが、これもノウハウを持っている日本企業は少ないと思います。

 

IT企業がベトナムIT法人を設立するメリットと課題を解説

 

本セミナーでは、このようなベトナムIT法人を設立するメリットと課題を解説するとともに、課題を解決するための支援メニューについてご紹介致します。

IT企業がベトナムIT法人を設立するメリットと課題

開催日時

8月2日(金)19:00~20:30

 

プログラム

18:30~19:00 受付

19:00~19:45 IT企業がベトナムIT法人を設立するメリットと課題

19:45~20:30 質疑応答とディスカッション

 

主催

NALヒューマンリソース株式会社

About the author: ueda