nal_20170626-2

ディープラーニングを活用した、設計文書、特許文書、論文等の類似性判定や類似文書の検索(ベトナムオフショアで開発する人工知 能システム)

 

急速に普及する人工知能


50年来の大きな技術的ブレークスルーと言われるディープラーニングの登場によって、人工知能技術は急速に発展しています。
その適用分野は、画像認識や自然言語処理、医療、金融、など多岐に渡り、さらに多くの分野への適用が検討されています。

ニーズが強い、日本語文書の類似性判定や分類


当社では、ここ3回、人工知能技術を応用したチャットボット(ChatBot)に関するセミナーを行ってきました。
その中でチャットボット以外に、日本語文書の類似性判定や、類似文書の検索などのニーズが強いことがわかりました。

論文の類似性判定システムを、デモシステムとして開発


今回、ベトナムオフショア開発企業であるNALでは、人工知能を研究しているチームで、論文の類似性を検出するシステムを開発しました。
日本でも問題になっている、過去論文の盗用を検出するものです。

ベトナムオフショアでどこまでできるのか


今やベトナムオフショア開発は、コスト削減だけの手段ではありません。
ベトナムのIT企業は、急速に人工知能など最新技術をキャッチアップしています。
(もちろん、コストが削減できることは言うまでもありません。)

本セミナーでは、ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。
今回は、ディープラーニングを活用した文書の類似性判定や、類似文書検索を中心にお話しします。

ベトナムオフショア開発の課題や注意点


オフショア開発というと、まだ品質などの面で心配される方もいらっしゃるかもしれません。
実際、注意が必要なポイントもあります。
本セミナーでは、そのようなベトナムオフショア開発における課題や注意点についてもご紹介します。

ディープラーニングを活用した、設計文書、特許文書、論文等の類似性判定や類似文書の検索(ベトナムオフショアで開発する人工知能システム)

開催概要


【日時】 2017 年 08 月 03 日(木) 18:30 ~ 20:00
【場所】 株式会社オープンソース活用研究所 西新宿オフィス
【費用】 無料

【スケジュール】

18:00 受付開始

18:30 ディープラーニングを活用した文書の類似性判定や、類似文書検索

NALヒューマンリソース株式会社 取締役 グエン・トアン・アン
ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。今回は、ディープラーニングを活用した文書の類似性判定や、類似文書検索を中心にお話しします。

19:00 ディスカッション

20:00 終了

 

主催(共催)


NALヒューマンリソース株式会社

協力


オープンソース活用研究所
 

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所  個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417
※個人の方、同業の方はご参加をご遠慮いただく場合がございます。

ディープラーニングを活用した、設計文書、特許文書、論文等の類似性判定や類似文書の検索(ベトナムオフショアで開発する人工知能システム)

About the author: shibuya