The movement of motorcycles and cars on a normal street, the houses and buildings in Asia.

ベトナムオフショア開発委託先、選択のポイント

SUMMARY

  • オフショア開発のメリットは、開発コストの削減。
  • オフショア開発のリスクは、コミュニケーションのズレによるトラブル。
  • ハノイで成長率ナンバーワンのNALは、開発コストを低く抑えながら、日本語能力が高く、ベトナム事情にも長けている。

情報システムやソフトウェアの開発を海外事業者に委託するオフショア開発先として、ベトナムが注目されています。ベトナムの首都ハノイで成長率ナンバーワンのオフショア開発企業NAL(ナル)を中心に、オフショア開発委託先の選択のポイントをご紹介します。

もっと知りたい方は、こちらへ

 

オフショア開発のメリットは、開発コスト削減。リスクは、コミュニケーション

日本人エンジニアの労働人口が減少し、労働環境も悪化するなか、情報システム、ソフトウエア開発を近隣のアジア各国(オフショア)に委託する企業が急増しています。

オフショア開発の最大のメリットは、開発コストの大幅な削減にあります。
一方、リスクとしては、言語、文化、商習慣の違いからおこるコミュニケーションの問題があります。コミュニケーションのズレによって、品質や契約にまつわるトラブルに発展することも少なくありません。

ベトナムオフショア勉強会

ベトナムオフショア勉強会

オフショア開発委託国の選択基準は、使用言語

それでは、システム開発のコストを大幅に削減し、スムーズなコミュニケーションが可能なオフショア開発委託先は、どこでしょうか?

これまでITシステムのオフショア開発委託先としては中国が最も有力でしたが、近年、図表のように開発コストが高騰し、上海や大連など都市部では、日本と全く変わらないコスト高になっています。

中国以外の選択肢としては、インド、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、バングラデシュがあげられます。

各国の大きな違いは、何語でコミュニケーションをとるかという点にあります。

アメリカの委託先として有名なインド、そしてフィリピンでは、共通言語として英語が使われています。
発注担当者が、英語に堪能であれば英語を用いる国でも問題はありませんが、日本語でのコミュニケーションとなるとインド、フィリピンなどは選択しにくくなります。

一方、上記五カ国で、もっとも日本語教育に力を入れているのが、ベトナムです。

オフショア開発の最大の課題ともいえるコミュニケーションを英語と日本語、どちらで行うかについては委託先を決める上での大きな指針となります。

 

NALは、コストパフォマンスに優れ、日本語が得意でありながら、現地ベトナムの事情も知り尽くしている成長率ナンバーワン企業

ひとくちにベトナムでのオフショア委託開発事業者と言っても、企業の成り立ちから次のように分類できます。

  • 日系企業の子会社(親会社案件専門)
  • 日系企業の子会社(他社案件も対応)
  • 日本人がベトナムで起業
  • ベトナムローカルIT企業

上記のなかで最もコストパフォマンスに優れているのが、【ベトナムローカルのIT企業】です。さらにコストパフォマンスをベトナムの首都ハノイと第二の都市ホーチミンで比較すると、ホーチミンのほうが単価が高くなります。ホーチミンのIT企業は、欧米向けオフショア開発を請け負っていることが多いためです。

ベトナムのなかでも名だたるIT企業が軒を連ねる首都ハノイにあって、創業2年目で社員数が70名を超え、成長率ナンバーワンの企業が、オフショア開発企業NAL(ナル)グループです。

NALは、上記の分類では【ベトナムローカルのIT企業】に属していますが、同社の役員は全員日本の大学を卒業し、かつ日本のIT企業での勤務経験があり、日本語に堪能です。
つまりコストパフォマンスに優れながら、日本語のコミュニケーション力が高く、一方、現地ベトナムの事情も知り尽くしている企業がNALと言えます。

 

もっと知りたい方は、こちらへ

About the author: nal