【ベトナムオフショア開発】ベトナムもデジタルトランスフォーメーション人材が不足—ホアセン大学のトレーニングプログラム改善計画

ベトナムのデジタル人材不足

ベトナム高等数学研究所のホー・トゥ・バオ教授は、ホーチミン市ホアセン大学でデジタルトランスフォーメーションについて語った。

バオ教授は『かつてないほど多くのデータが発生し続けており、デジタル技術は急速に成長しているが、人材は非常に不足している』と話した。

知識、情報、創造性支援システムに関する第14回国際会議

この国際会議は、2019年11月21日に始まった3日間の会議で、「知識科学」「情報システム」「システム科学」「創造性支援システム」「複雑なシステムモデリング」の各分野で、国際的な研究者や学者による技術と知識の交換を促進することを目指している。

「Vintech City」共催

この会議は、米国シリコンバレーモデルに基づいた技術研究と新興企業をサポートする包括的なエコシステム「Vintech City」と協力して開催されている。

「Vintech City」は、「ベトナムの企業が一歩一歩シリコンバレー基準に達するように、技術的な才能のための実用的なサポートプラットフォームを構築したい」という願いで50以上の学校と協力している。

ベトナムのトップ大学で国内の科学技術の才能を共同訓練し、世界中のベトナムの技術専門家のネットワークを奨励している。「Make in」の精神で製品を開発し、研究室での研究を市場に直接届ける活動をしている。

→vintechcity.com

アイシン精機の人材不足状況と対策

日本のアイシン精機の研究開発担当アシスタントプロジェクトマネージャーTruong Vinh Truong Duy氏は、以下のように語っている。

①自動車産業には人工知能(AI)を適用できる大きな需要がある
②膨大なデータ量に対して分析できる人材が不足している
③ベトナムの大学では毎年何百人もの学生がAIを習得するために訓練しているが、その数は需要に満たない
④アイシン精機では、学生の知識と経験を向上させるため、ベトナムや他の国の大学と協力して、プロジェクトを提供している

ホアセン大学のデジタルトランスフォーメーショントレーニングプログラム改善

ホセアン大学

ホセアン大学は、民間部門のイニシアチブを表明する一方で、「トレーニング」「研究」「奉仕のビジョン」「ミッション」「実践」において人文科学と人文科学大学の精神を維持している。

ホアセン大学の使命は「ベトナムの新しい知識人」「プロフェッショナリズム」「献身」「勇気」「国際統合能力のトレーニング貢献」であり、学生の実際的な利益とコミュニティの利益に向けたコミットメントとしている。

→hoasen.edu.vn

デジタルトランスフォーメーショントレーニングプログラム改善内容

ホアセン大学のソフトウェアエンジニアリング部門責任者To Hoai Viet博士によると、ホアセン大学は多くの企業と協力して、デジタルトランスフォーメーションの新技術を活用し経験から学べるように、次のようにトレーニングプログラムを改善しようとしている。

①企業のデジタル人材不足を解消するため、大学はAIや機械学習を統合する必要がある
②学生は「銀行」「金融」「ヘルスケア」などの特定分野を訓練できるように、それらを適用するための基本的な知識を習得する必要がある
③十分な専門家と高度なトレーニングプログラムを用意できたら、デジタルトランスフォーメーションを実行したい企業と提携する予定
④これらの産業で働く人々のために短期コースを提供すべきであると考えている
⑤大学はITエンジニアが他の国の技術を採用し研究を行えるようにする必要がある
⑥自国での研究を強化する必要がある

日本語が超得意なベトナムオフショア開発企業「NAL」へのお問い合わせはこちら

以上、下記URLからの要約
en.vietnamplus.vn/vietnam-lacks-human-resources-for-digital-transformation/164197.vnp

About the author: admin