【ベトナムオフショア開発】オフショアソフトウェア開発活用のためのヒント6点—避けるべき落とし穴、パートナーシップを最大限に活用する方法

オフショアソフトウェア開発者を採用することには多くの利点があるが、欠点もある。

「避けるべき落とし穴」や「オフショアソフトウェアアウトソーシング企業とのパートナーシップを最大限に活用する方法」について6つのヒントを紹介。

オフショアソフトウェア開発アウトソーシングの活用

オフショアソフトウェア開発アウトソーシングの活用が進んでいる。

発注側企業は、世界中のソフトウェアプロバイダーから選択でき、グローバルな人材プールにアクセスできる。欧米の企業にとって「ベトナム」「ウクライナ」「ポーランド」「ブルガリア」「ルーマニア」「フィリピン」などの国のプロバイダーは、他の選択肢よりも大幅に安く開発を依頼できるメリットがある。

ソフトウェア開発のオフショアリングは、多くの企業にとって実行可能かつ成功確率も高めのオプションだが、関係を確立する前に以下のヒントを考慮することは重要となる。

十分な準備は、自社とオフショアパートナーの両方が契約書の同じページにいて、最終的に両者が結果に満足できることにつながる。

オフショアソフトウェア開発活用のためのヒント

①パラメータ(仕様と要件)を定義する

チームが作業を開始する前に、プロジェクトの仕様と要件を事前に定義する必要がある。

開発パートナーが完了のためのより正確なタイムラインを設定するのに役立つだけでなく、完了が何を意味するかについて両者が確実に理解できる。

これは、オフショアソフトウェア開発アウトソーシングには特に不可欠となる。

英語を第一言語として話さない開発者に対して、用語について具体的に説明し、あいまいにならないようにする必要がある。

②力を組み合わせる

オフショアソフトウェア開発者を活用することは、ビジネスを構築していてフルタイムの予算がない場合に良い選択肢となる。

また、「特定プロジェクトに関するヘルプ」「専門知識が必要な場合」「業務を拡大する場合」にも役立つ。

オンサイト開発者がいる場合は、オフショアソフトウェア開発者と一緒に作業することで、強力なコラボレーションが生まれ、最終的にはより良い結果を得られることがよくある。

③デューデリジェンス(審査)を行う

開発候補者審査は、オフショアソフトウェア開発のアウトソーシングプロセスにおける重要なステップであり、次のような質問をする必要がある。

・アウトソーシングサイトでどのように評価されているか
・どのくらいの期間ビジネスに携わっているのか
・レビューによる長所と短所は何か
・以前のクライアントの評価
・同様のプロジェクト経験があるのか など

④直接会う

プロジェクトを開始する前にアウトソーシングチームに直接会うことで、組織の仕事文化について学び、プロジェクトに貢献する人々にインタビューできる。

これは、最終的に、緊密なコラボレーションを構築するための重要なステップとなる。

⑤コミュニケーションを優先する

プロジェクト成功のためには、遠隔地間での通信する方法とタイミングについて、両サイドのタイムゾーンを考慮して確立することが重要であり、「毎週金曜日10:00~11:00」のように明確なチェックイン時間と計画が必要となる。

⑥先のことを考える

現時点では単一プロジェクトにオフショアソフトウェア開発のアウトソーシングを使用しているケースでも、将来的には、このパートナーを他のプロジェクトで活躍してもらったり、長期的開発契約に発展できる可能性がある。

そのため「過度な要求」や「厳格すぎるマイクロ管理実施」などは望ましいことではない。

このような長期的展望は、次回に改善される可能性のある領域に注意を払うことを意味し、パートナー側しても発注側が良いパートナーになることも意味する。

日本語が超得意なベトナムオフショア開発企業「NAL」へのお問い合わせはこちら

以上、下記URLからの要約
www.bmmagazine.co.uk/business/top-tips-for-offshore-software-outsourcing/

About the author: admin