【ベトナムオフショア開発】記録的な成長を続けるベトナムのIT産業—収益大幅成長、大規模FDI、2019年に3000件の新興企業

ベトナムIT業界の収益は大幅に成長

「デジタルエコノミー」「スマートシティ」「新興企業」に対するベトナム政府の計画により、同国のIT産業は収益を大幅に成長させ続けている。

民間投資家(特に外国人投資家)からのベトナムIT産業への資本流入の増加は、産業が拡大するための「絶好の機会」であると考えられている。

大規模FDI(海外直接投資)プロジェクト

2019年、ベトナムでは、いくつかの州や都市のIT業界で大規模なFDIプロジェクトを引き付けた。

ビンズオン南部州 × NTTグループ

ビンズオンの南部州では、日本のNTTグループのインターネットサービス供給プロジェクトに1億7100万米ドルの登録資本金を認可した。

ドンナイ省 × 富士通

ドンナイ省は、日本の富士通ベトナムコンピュータープロダクツカンパニーの60.18百万米ドルの投資資本を認可した。

ホーチミン市:ダイナミック都市TOP10にランクイン

「City Momentum Index」によると、ハノイとホーチミン市は、2019年において世界で最もダイナミックな10都市の1つとなっている。

ホーチミン市投資貿易促進センターのディレクターは『IT産業は投資家にとって魅力的である』と語っている。

急速に成長するデジタル経済の下で、投資家や、特に新しい技術に基づいた製品やサービスを提供したい投資家に大きな機会が開かれている。

ベトナム政府とホーチミン市政府は、全国にスマートシティを構築するプロジェクトを展開している。革新的なスタートアッププログラムを推進しつつ、ホーチミン市を地域および国際的な金融ハブとして育成するプロジェクトを実施している。

2019年に3000件の新興企業

ベトナムでは2019年に3000件の新興企業があり、東南アジア諸国の中で3位にランクされた。

2018年、ベトナムで最も収益性の高い500社に関するベトナムレポートの調査によると、『ビジネスインサイダーの大半において、テクノロジーが投資誘致のリーダーであり続けることが期待されている』と示されている。

IT部門はベトナム経済の成長と変革の推進力

ベトナムのデジタル経済は成長を続けており、その総商品価値は国内総生産の4%であり、東南アジアの他のどの国よりも高くなっている。

IT部門は、今後数十年で国の強力な競争力のある地位を確保するため、特に「インダストリー4.0」の野望を実現する上で、ベトナム経済の成長と変革の推進力であり続けると予測されている。

イノベーションも一貫して増加

ベトナムのイノベーションも一貫して増加しており、今後5〜10年間は​​この方法で継続すると予測されている。

Asia Internet Coalitionのマネージングディレクターは、『ベトナムはいくつかのセクターにわたってこの地域で最も魅力的な投資市場の1つに成長したが、IT産業とデジタル経済が最も有望である』と述べている。

「ハードウェア製造」から「サービス開発」に成長

ベトナムは、ハードウェア製造に焦点を合わせた世界的な大手テクノロジー企業の投資から、ソフトウェアやアプリケーションベースのサービスの開発に成長している。

これらの外資は、特に知識移転と、ローカルでありながら世界クラスのICT産業の発展に不可欠なグローバルベストプラクティスをもたらすために、ベトナムにとって重要なファクターとなっている。

この成長傾向を継続させるためには、教育システムをさらに改革して、学生の創造性を刺激し、より良い外国語トレーニングを提供する必要がある。

日本語が超得意なベトナムオフショア開発企業「NAL」へのお問い合わせはこちら

以上、下記URLからの要約
www.opengovasia.com/growth-in-vietnamese-it-industry/

About the author: admin