【ベトナムオフショア開発】ベトナムの最先端AI研究機関「ベトナム国立大学ホーチミン市校(VNUHCM)」

高品質AI人材の確保

ベトナムのホーチミン市では、インダストリー4.0を推進しており、スマートシティのための基盤として人工知能を活用しようとしている。

ベトナム国立大学ホーチミン市校によると、『AIの使用を強化するためには、最新の技術と革新を理解する能力を備えた高品質の人材を持つことが非常に重要』と述べている。

ホーチミン市には多くの大学や科学研究機関があり、最新の技術トレンドに遅れずにAIエコシステムを構築するためのトレーニングや研究を促進できる環境が整えられている。

ホーチミン市は、才能のある学生がAIを学ぶことができるように、「高校から優秀な候補者を推薦」や「大学は研究を改善しAIの利用を増やすために短期トレーニングコースを提供」などの施策を提唱している。

ホーチミン市人民委員会はベトナム国立大学ホーチミン市校の情報技術パークを割り当てて、優秀なIT人材やIT企業を育成している。

ベトナム国立大学ホーチミン市校(VNUHCM)

ベトナム2つの国立大学の1つ

ホーチミン市の東部に位置する「ベトナム国立大学ホーチミン市校(VNUHCM:Vietnam National University, Ho Chi Minh City)」は、「政府が大学生および大学院生を訓練」「研究実施」「技術移転」「高等教育システムの中核としてリード」「社会経済開発の促進」などを目的とする2つの国立大学の1つとして1995年に設立された。

→vnuhcm.edu.vn

7つのメンバー大学を含む36ユニット

643.7ヘクタールの面積を持つVNUHCMは、ベトナム最大の教育機関の1つとして、「技術」「科学」「大学」「社会科学」「人文科学」「国際大学」「情報技術大学」「経済法科大学」の7つのメンバー大学の他に、「トレーニング」「研究」「技術移転」のための36ユニットを有している。

毎年6万人以上の学生を養成

「博士課程1200人」「講師2500人」を含む約5500人近くのスタッフにより、毎年「学部生57000人以上」と「大学院生約8000人」を養成している。

アジア主要大学TOP100へ

「2025年までにアジアの100の主要大学の1つになること」を目標として、「高度な機械学習方法論」「ベトナム語音声合成」「バイオインフォマティクス」などのAI研究を進めている。

ランク評価

QSアジア大学ランキング:アジアベスト150大学

VNUHCMは、2013年以来、QSアジア大学ランキングでアジアのベスト150大学に選ばれている。

Times Higher Education World University Rankings:世界トップ1000大学

2019年は「Times Higher Education World University Rankings」の世界トップ1000にランキングされた。

このランキングは、92の国(地域)の1820大学のデータを調べることで作成され、「教育」「研究」「引用」「知識移転」「国際的な展望」の5つの基準に基づいて評価される。

AI開発プロジェクト

交通警告システム

VNUHCMの工科大学では、交通渋滞を軽減するためのアプリケーションプログラムの一環として、2016年にデータ収集のためのクラウドソーシングを開発し、2020年までにスマートフォンによる市内交通警告を提供するプロジェクトを開始した。

ソフトウェアが開発された後、市の運輸省に試用のために提供される。

都市洪水制御システム

VNUHCMのGeomatics Centerでは、都市ステアリングセンターと協力して、都市洪水制御プログラムのデータ標準化と都市衛星画像分析に関するシステムを開発した。

日本語が超得意なベトナムオフショア開発企業「NAL」へのお問い合わせはこちら

以上、下記URLからの要約
vietnamnews.vn/society/538035/vnuhcm-a-pioneer-in-ai-research.html

About the author: admin