【ベトナムオフショア開発】米中貿易戦争により拡大するベトナム経済—中国からベトナムへの生産拠点移転、2019年は6.6〜6.8%成長

ベトナムは、米中貿易戦争による経済的上昇を受けて、堅調な成長を期待されている。

2019年のベトナム経済は6.6〜6.8%成長

ベトナムの当局者は『ベトナムの3000億ドルの経済が今年6.6〜6.8%成長する』と予測している。

ベトナムは、2018年に過去11年間で最高レベルの7.1%成長を達成しているが、『今年の成長率も「強い」ショーと見なされる』という意見もある。

要因推定

ハノイに本拠を置く調査会社「SSI Research」は以下の推定を報告した。

●2019年予測の主な原因は「製造と輸出の強さ」
●これらの分野は企業が中国からベトナムに生産を移した要因が大きい

ベトナムの過去のGDPは実際より少なく測定されていた

シンガポールに本拠を置く経済学者Song Seng Wun氏は「GDPそのものを過小評価していることを発見した」と語り、GDP(国内総生産)で測定されるベトナムの過去の経済は、考えられていたよりも大きいことが判明した。

ベトナムのメ​​ディアは『一部の企業の収益結果は以前のGDP推定値に含まれていなかったため、ベトナム政府は2010年から2017年の間に報告されたGDPを引き上げた』と報じた。

米中貿易戦争により拡大するベトナムの輸出製造業

輸出製造業はベトナム成長の主要産業

ベトナムは1980年代後半から輸出製造業に大きく依存しており、この政策はベトナムがアジアで最も急速に成長している要因の1つとなっている。

中国からベトナムへの事業移転

中国から米国に商品を出荷している企業は、米中貿易戦争によって、米国からの経営危機を招くレベルの関税問題に直面している。

経済専門家によると、ベトナムは米中貿易の緊張によって引き起こされる問題の回避策を模索している企業から大きな注目を集めている。

中国からベトナムに事業を移転させることで、これらの企業は、米国に対して巨額の関税を支払う必要がなくなり、ベトナムから同じ商品を生産し出荷できる。

ベトナムでの再ラベリング

ホーチミン市のPXP Vietnam Asset Managementの最高投資責任者Kevin Snowball氏は、『一部の企業は中国で作られた商品をベトナムに送り、それを米国に出荷するために「ベトナム製」と再度ラベル付けしようとしている』と述べている。

この動きは「本物」になりつつある

ホーチミン市のベイカー・マッケンジーの弁護士フレデリック・バーク氏は、以下のように語っている。

●このような「市場が関税を回避しようとする動き」はベトナムで「本物」になりつつある
●実際に起こっていることであるため、この動きはベトナムのGDPを押し上げるだろう

ベトナムのスマホ関連デバイス生産拠点化

GoerTek「Apple AirPods」

SSI Researchによると、中国に拠点を置くワイヤレスイヤホンメーカー「GoerTek」は、2億6000万ドルの投資で「Apple AirPods」の生産をベトナムに移すことを計画していると述べた。

ハードウェア投資

専門家は『ベトナムもソフトウェア会社とコンピュータ部品メーカーによる投資を増やそうとしている』としており、「Intel」「Samsung Electronics」「Foxconn Technology」などはハードウェア投資を行っている。

ベトナム経済は多国間貿易協定締結によりさらなる躍進へ

ベトナムは今年、環太平洋諸国による多角的経済連携協定「TPP(Trans-Pacific Partnership)」に加盟した。

また、「低い人件費」「投資促進政策」「米国との貿易緊張の欠如」などの好条件もあり、欧州連合と貿易協定を締結する準備ができている。

日本語が超得意なベトナムオフショア開発企業「NAL」へのお問い合わせはこちら

以上、下記URLからの要約
learningenglish.voanews.com/a/vietnam-s-economy-gets-boost-from-us-china-trade-war-/5076302.html

About the author: admin