【ベトナムオフショア開発】今後5年間のキャリア近未来予測—国内のみではなくグローバル市場でもキャリアを位置付ける必要がある

ベトナムの大手ソフトウェア企業「FPT Software」のHoang Nam Tien会長は『Industry4.0において、ベトナムは世界で行われている共通のプロセスの外側にあるわけではなく、すべての産業と分野が技術の発展に適応できるように、既存プロセスを変革するデジタルトランスフォーメーションを実施しなければならない』と語った。

今後5年間のキャリア近未来予測

世界経済フォーラム(WEF)の2018年末のレポートによると、『世界的に今後4年間で、7500万人の雇用が消滅し、1億3300万人の新しい雇用が創出される』とある。

WEFは『これらの変化の主な要因は技術の進歩であり、東南アジアは最も劇的な変化が見られる場所である』と主張している。

Hoang Nam Tien氏は『5年程度の近い将来において、「テレマーケティング担当者」「銀行窓口係」「レジ係」などの何億人もの身近な仕事がなくなると考えている』と語る。

「テレマーケティング」の近未来

Hoang Nam Tien氏は、「テレマーケティング(電話マーケティング)」について以下のように語った。

●テレマーケティングの未来はかなり暗い。

●テレマーケティングは「対話する必要があり顧客とより多くのニュアンスを必要とする営業担当者」とは異なる。

●テレマーケティングは、相互作用しても、表現力の高いニュアンスを必要としない。

●したがって、このジョブは将来コンピュータ化される可能性が高い。

「銀行窓口係」の近未来

また「テレマーケティング(電話マーケティング)」については以下のように述べている。

●金融機関が提供するATM(自動支払い機)は、当初の導入時はすぐに顧客に受け入れられることはなかったが、機能改善が実施され顧客の認識が高まるにつれて、一般的な当たり前のものとなった。

●Allied Market Researchによると「ATM業界は2020年までに317億5000万ドルに達する」と予測されている。

●配送サービスの普及により、顧客は自宅で食品やその他の消費財を便利にキャッシュレスで注文できる。

●これらはキャッシャーワーカー(銀行窓口係)の薄暗い将来を意味している。

ベトナムの若者は国内のみでなくグローバル市場でもキャリアを位置付ける必要がある

Hoang Nam Tien氏は『若者はベトナム国内だけではなく、国際市場でもキャリアを位置付ける必要がある』として以下の内容を語った。

IT分野

●グローバル市場はベトナム市場の約3000倍の大きさがある。

●特に非常に必要とされる分野として「データサイエンス」「人工知能」「IoT」「サイバーセキュリティ」が挙げられる。

●これらの重要分野においてベトナムからの人材に対する需要に制限はない。

ビジネス分野

●「創造性」「革新性」「感情的知性」「問題解決能力」など、ロボットができない管理スキルを必要とする領域に人々が集中する必要があることは明らか。

●「複雑な問題」「交渉」「調整」「マーケティング」などには、潜在的顧客を検出し、ニーズを理解するためのデジタルプラットフォームの管理が含まれる。

●ビジネス管理は、「顧客体験」「デジタルマーケティング」「マルチチャネルマーケティング」など、テクノロジーに基づいた新しいビジネスモデルの管理と開発に焦点が集まることになる。

トレンドに追いつき職業に情熱を傾ける必要がある

Hoang Nam Tien氏は、若い世代に対して以下のアドバイスを送った。

●今日の若い世代は、自分のキャリアに自信を持ち、自分で生活し、「自身や家族のために家や車を買うためにお金を稼ぐことができる」と信じなければならない。

●多くの異なる仕事ができることを誇りに思ってはいけない。

●賢明な選択を行い、トレンドに追いつき、職業に情熱を傾ける必要がある。

日本語が超得意なベトナムオフショア開発企業「NAL」へのお問い合わせはこちら

以上、下記URLからの要約
vnexpress.net/longform/chu-tich-fpt-software-goi-y-nghe-trien-vong-trong-tuong-lai-3964156.html

About the author: admin