【ベトナムオフショア開発】ベトナムで国際共同研修プログラム「スウィンバーン(ベトナム)プログラム」がスタート—「システム設計」「ビッグデータ」「IoT」「仮想現実アプリ」

ベトナムでは、2019-2020年度に、国際共同研修プログラム「スウィンバーン(ベトナム)プログラム」が4つの専攻で展開される。

国際共同研修プログラム「スウィンバーン(ベトナム)プログラム」

概要

このプログラムは「FPT大学」と「オーストラリアのスウィンバーン工科大学」間の国際共同研修プログラム。

ベトナムが質の高い人材育成に関する問題を解決するために役立つと期待されている。

実装の最初の年に、300人の学生を目標とする学術記録の形式で学生を登録し、2019年8月に運用を開始している。

経緯

この国際共同研修プログラムは、2019年5月14日、ハノイのオーストラリア大使館が主催するメルバーンウィークの枠組みの中で、「第4次産業革命(CMCN 4.0)の人材育成と開発」に関する国際会議において、オーストラリアのスウィンバーン工科大学のダンカンベントレー副学長によって発表された。

ダンカンベントレー氏は『すべてのプログラムは、学生に専門的な知識とスキルを提供するだけではなく、21世紀のソフトウェアスキルや起業家精神に関する知識のトレーニングにも焦点を当てている』と述べている。

スウィンバーン工科大学

オーストラリアのメルボルンに位置するスウィンバーン工科大学は、100年以上の歴史を持ち、QS世界ランキングにおいて「世界トップ400の名門大学」にランキングされる大学で、「オーストラリアのトップ10大学」にも選ばれている。

大規模で文化的に多様な学術機関として「革新し前向きな変化をもたらしたい」という願望が学生とスタッフの動機付けとなっており、毎年成長し進化する大学として知られている。

→swinburne.edu.au

スウィンバーン国際標準要件トレーニングコンテンツ

「スウィンバーン(ベトナム)プログラム」では、「トレーニングプログラム」「教材」「プロセス」「品質管理」などのすべてのコンテンツが、オーストラリアのスウィンバーン工科大学から100%直接配信される。実践を適用し、Ciscoなどのテクノロジー企業の国際的な業界証明書のスキル要件との互換性も有している。

「教師」や「学生のトレーニングとカウンセリングに携わる専門家」などはすべて、スウィンバーンの国際標準要件を満たしている

大学院の卒業証書は、オーストラリアで勉強している学生に与えられるものと同じ形式と価値として授与される。

ビジネストレーニングプログラム

事業分野(ビジネス)向けトレーニングプログラムとして、次のプログラムが展開されている。

・デジタルマーケティング
・マルチメディアコミュニケーション
・新規および国際的なビジネスモデル
・経営管理 など

ITトレーニングプログラム

2019〜2020学年度では、IT業界専門分野向けトレーニングプログラムとして、次がプログラムを展開されている。

①システムの分析と設計
②データ管理(ビッグデータ)
③IoT
④仮想現実アプリケーション

奨学金プログラム

「スウィンバーン(ベトナム)プログラム」では、ベトナムの才能を奨励し支援するために、学生に多くの奨学金を提供している。

学力と言語を使用する能力を備えた国際的な環境で勉強したい学生のために、授業料の20%~40%を補助する奨学金などが設けられている。

「Light the Future」プログラム

「Light the Future」プログラムは100%の奨学金であり、将来のチャンスを達成する夢を実現するために努力する学生をサポートする。

日本語が超得意なベトナムオフショア開発企業「NAL」へのお問い合わせはこちら

以上、下記URLからの要約
ictnews.vn/cntt/nuoc-manh-ve-ict/nam-dau-dao-tao-tai-viet-nam-dh-swinburne-cua-uc-trien-khai-4-chuyen-nganh-cntt-182596.ict

About the author: admin