【ベトナムオフショア開発】ベトナムのIT技術集積エリア「ダナンハイテクパーク」—約14000のIT企業が存在、ベトナム市場の飛躍を促進

大きく飛躍しているベトナム市場

ソフトウェア会社「LogiGear」のCEOであるHung Q. Ngyen氏は、ベトナム市場について以下のように述べている。

●ベトナム成長の一部は、国際的な世界観を持つ起業家と技術者で構成される新世代によってもたらされている。
●彼らにとって戦争は記憶ではなく歴史の教訓となっている。
●ベトナムの若者は成功を切望している。
●ベトナム市場が大きく飛躍している結果として、家やアパートに十分なお金を持った世代が生まれている。
●新たなアイデアを開発し、ビジネスを実行するための十分な資金を有していることは、歴史を見ると劇的な変化である。

ダナンハイテクパーク

概要

ダナン市ハイテクパークは、ベトナム国内3つのハイテクパークの1つで、2010年に認可された。

ハイテクパークは「ハイテク産業や科学技術の振興」を目的とし、入居企業には行政手続きの支援などのさまざまな投資優遇政策が設けられてる。

ダナン市ハイテクパークの総面積は約1128haで、ダナン市街地から22km、ダナン港から25kmの場所に立地している。

投資優遇制度

ハイテクパークでは、投資優遇制度として以下の3種類のインセンティブが設けられている。

①法人税の減免制度
②インフラ使用料の割引
③土地リース料の優遇

各種サポート

ダナン市ハイテクパーク(DHTP)管理委員会では、ハイテクパーク入居企業の行政単一窓口として、投資活動を円滑に進めるための各種サポートを実施している。

・行政手続きのワンストップサービス
・ハイテク産業向け人材の呼び込み支援
・入国管理や移住手続きのサポート
・融資支援 など

2017年に、委員会事務所がダナン市行政センターからハイテクパーク内に転居し、入居企業のより身近な窓口として活動をしている。

約14000のIT企業が存在

ベトナムのダナンハイテクパークは、40年前はアメリカの戦闘ヘリコプターの着陸地点だったが、今日では世界でも主要なハイテク人材の賑やかな出会いの場となっている。

15年前の一般的なベトナム人は情報技術についてほとんど考えることはなかったが、現在では「ハードウェアメーカー」「ソフトウェア開発者」「デジタルコンテンツクリエーター」を含む約14000のIT企業が存在している。

2020年ITマスタープラン

ダナンハイテクパークは、ベトナムの「2020年ITマスタープラン」の一部であり、政府のイニシアチブにより、多くの国際的なIT組織に不動産や工場スペースを提供している。

グローバル企業も注目

ベトナム政府は14000のIT企業に対して、「開発者」「システム管理者」など、サービスやITに関連するすべてのものに多くの機会を提供している。

その結果、「Cisco」「Fujitsu」「HP」「IBM」「Intel」などのグローバル企業の採用担当者は、ハノイの大学やテクノロジーパークに注目している。

国際化が進むベトナム

国際化の結果、ベトナムの平均的な労働条件は西ヨーロッパの労働市場に匹敵している。

平均的なベトナム人は優れた英語を話し、IT部門は英語を第一言語と見なしている。

ベトナムITアウトソーシング組織

「LogiGear」CEOのHung Q. Ngyen氏は、ベトナムITアウトソーシング組織を立ち上げた。

この組織は、ベトナムを野心的な外国人の行き先として紹介することに焦点を当てたプラットフォームを目指している。

これは素晴らしいイニシアチブであるがベトナム国内トレンドの一部に過ぎず、ベトナムのIT部門は両手を広げて外国人労働者を受け入れている。

日本語が超得意なベトナムオフショア開発企業「NAL」へのお問い合わせはこちら

以上、下記URLからの要約
www.winmagpro.nl/waarom-een-visum-voor-vietnam-steeds-aantrekkelijker-wordt-de-tech-boom-in-het-oosten

 

参考元サイト

About the author: admin