【ベトナムオフショア開発】ベトナムのスマートシティプロジェクト—約30のプロジェクトが進行中

ベトナムの各都市では、第4次産業革命(Industry 4.0)を取り入れる努力の中で、スマートシティプログラムを推進し、技術をインターネットに接続したデバイスと組み合わせて自治体の管理と経済を強化しようとしている。

期待されるメリット

「センサーデータの収集」と「データ分析に基づく新しい技術との統合」を備えたスマートシティは、ベトナムの多くの都市で「経済的」「環境的」「社会的利益」を促進することが期待されている。

具体的には「リアルタイムの交通流最適化」「エネルギー消費削減」「廃棄物管理自動化」など、都市管理機能の高度化を目指している。

各都市の特性に適したスマートシティプロジェクト推進が必要

先日ハノイで開催された「Industry 4.0サミット」において、2年間スマートシティプロジェクトを構築してきたTRANビンティエン副会長は、『世界中の多くの都市から経験や知見を集めた結果、それぞれのスマートシティが異なっていることを発見した』と述べた。

「東アジア」「南アジア」「米国」「ヨーロッパ」など、それぞれすべてのスマートシティは異なっており、「Industry 4.0」の適用により、「交通渋滞」「洪水」「環境汚染」など、各都市の固有の問題が解決される。

そのような背景から、各都市の特性に適したスマートシティプロジェクトを実施することを推奨した。

約30のスマートシティプロジェクトが進行中

ベトナムには830以上の都市部があり、都市化率は38.6%となっている。都市部の経済成長は平均して12〜15%で、全国平均の1.5〜2倍となっている。

全国の約30の市や州がスマートシティ建設プロジェクトを実施している。

ベトナム情報通信省(MIC)によると『スマートシティは、国全体および国の地域の社会経済開発の基本的な原動力』であるとしている。

データ管理プラットフォーム構築のための法的整備の必要性

ティエン氏は、スマートシティプロジェクト推進し、実際に都市を開発するために、『「地方自治体」「企業」「市民」の間の相互作用を可能にする情報センターが必要になる』と述べた。

国家と企業は互いのデータを活用できる一方で、人々は貢献やアイデアを共有できる。そして、これらの相互作用はすべてデジタルでなければならない。そのために『政府はデータ管理のための法的整備を実施すべき』としている。

また、『データ領域は土地よりもさらに重要であるため、データ領域を効果的かつ同期的に管理したい場合、法的な整備は必​​要』『デジタル化しなければ効果的ではない』と付け加えた。

スマートシティ構築基準の整備が必要

電子政府とスマートシティを構築しているハニのNgôVănQuý副会長は、『実装プロセス中に解決する必要があるいくつかの問題がある。電子政府とスマートシティの構築に関連する基準がないため、できるだけ早く発行する必要がある。』と提言している。

また『情報の適用に関して、中央レベルから草の根レベルまでの地域向けのソフトウェアを政府に構築してほしい』と付け加えた。

電子政府の発展に向けて

一部の地域では、スマートシティ向けの基本的なアプリケーションとサービスの展開を開始しているが、MICは『スマートシティの現在の開発はまだ不十分』としており、省庁はスマートシティの「構築ガイドライン」「メカニズム」「ポリシー」の調査と検討を続けている。

MICのグエン・タンフン副大臣は、サイバーセキュリティの確保に加えて、スマートシティを構築するための重要な要素として電子政府の発展を地方自治体に求めている。

スマートシティに適した人材育成

MICのグエン・タンフン副大臣は『スマートシティプロジェクトの実施をマネージする有能な企業を選択する必要がある。また、スマートシティに適した人材を育成することも不可欠。』として、『決定的なビジョンと有能な人材を抱えるリーダーによるスマートシティでのテクノロジーソリューション運用は不可欠。』と述べている。

日本語が超得意なベトナムオフショア開発企業「NAL」へのお問い合わせはこちら

以上、下記URLからの要約
vietnamnews.vn/economy/536468/smart-city-challenges-govt-and-localities.html

About the author: admin