【ベトナムオフショア開発】2019年グローバル競争力レポート—ベトナムは「市場規模」および「ICT」で最高ランクを獲得

世界経済フォーラムによって作成され最近発表された「2019年グローバル競争力レポート」によると、ベトナムのビジネス環境は改善および成長を続けている。

2019年グローバル競争力レポート

概要

このレポートは世界のGDPの99%を占める141カ国を対象としている。

東アジアは世界で最も競争力のある地域であり、ヨーロッパと北米がそれに続く。

シンガポールは米国を破って首位に立った。

→weforum.org →WEF_TheGlobalCompetitivenessReport2019.pdf

測定要因

レポートでは以下の要因やサブ要因を測定する。

・インフラストラクチャ
・ICTの採用
・マクロ経済の安定性
・健康
・スキル
・製品市場
・労働市場
・金融システム
・市場規模
・ビジネスダイナミズム
・イノベーション能力 など

プログレッシブスコア

国のパフォーマンスは、1〜100スケール(100が最も理想的な状態)の「プログレッシブスコア」で評価される。

ベトナムの競争力

ランク10位上昇

レポートによると、ベトナムは67位であるが、高い成長率と改善力により、昨年の順位から10位も上昇している。

「市場規模」および「ICT」で最高ランク

ベトナムは「市場規模」と「情報通信技術(ICT)の採用」の点で最高位にランクされた。

市場規模

「GDP」と「商品およびサービスの輸入」によって定義される。

ICTの採用

「インターネットユーザー数」や「モバイル携帯電話」「モバイルブロードバンド」「固定インターネット」「ファイバーインターネット」のサブスクリプションによって測定される。

改善点と対策

ベトナムは「スキル」「制度」「ビジネスダイナミズム」において課題があり、ベトナム政府は改題を改善するための対策を進めている。

スキル

スキルは、国内の現在および将来の労働力の教育とスキルセットを分析することによって測定される。

ベトナムにおいて若いエンジニアは豊富だが、ベテランのエンジニアと比較すると未熟な点も多く、基本的な訓練にはまだ時間を必要としている。

政府はより多くの「職業訓練校」や「技術センター」を設立して、この問題に対して取り組む必要がある。

コーポレートガバナンス

自由貿易協定締結

ベトナムは「太平洋横断パートナーシップ(CPTPP)」や「欧州連合ベトナム自由貿易協定」など、包括的かつ進歩的な協定を含む多数の自由貿易協定を締結している。

ベトナムコーポレートガバナンスコード

ベトナムは企業基準を更新する必要があるため、ベトナム国家証券委員会は、公開企業向けのベストプラクティスに関する「ベトナムコーポレートガバナンスコード」を公開し、ベストコーポレートプラクティスに関する推奨事項を定めている。

ビジネスダイナミズム

課題:煩雑なビジネス手続き

レポートによると、ベトナムは「タイ」「マレーシア」「シンガポール」などのASEAN近隣諸国よりもビジネス手順が煩雑であることを示している。

事業を開始する場合、多くの手順を踏む必要があり、平均18営業日の時間を要するとされている。

また、企業にとって参入手続きは懸念事項であり、「ビジネスライセンスなどの必要となるすべての書類を準備するために1か月以上かかることがある」という声もある。

対策:オンライン化

ベトナム政府はこれらの問題に対処するために、登録料を削減し、この地域に参入する企業の契約をオンラインで処理できるようにするなどの対策を進めている。

投資家の信頼は引き続き強い

ベトナムには、最高ランクを獲得した「市場規模」および「ICT」の他に、上記のような課題があるが、ベトナム政府は国内のビジネス環境の改善に熱心に取り組んでいる。

自由貿易協定により、外国投資家が投資から利益を得る十分な環境を生み出しており、FDI(直接投資)は引き続きベトナムに注がれている。

このペースは、中長期的に続く可能性が高いと見られている。

日本語が超得意なベトナムオフショア開発企業「NAL」へのお問い合わせはこちら

以上、下記URLからの要約
www.vietnam-briefing.com/news/vietnams-improving-competitiveness-2019-global-competitive-index.html/

About the author: admin