スマートコントラクト基盤「ブロックチェーン」とは

「ブロックチェーン技術についての概要」と「スマートコントラクトとの関係性」について紹介します。

「ブロックチェーン」とは

■概要

ブロックチェーンとは、分散型データベースを基盤とした「取引データ技術」を指します。

取引データを「トランザクション」と呼び、複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と言います。ブロックがチェーンのように連なっている形態から「ブロックチェーン」と呼ばれます。

■特徴

ピアツーピア方式分散型取引台帳

ブロックチェーンは、中央管理者を必要とせず、P2P(Peer to Peer:ピアツーピア)方式で分散管理されます。

データは、ブロックチェーンを利用しているさまざまなユーザーのコンピューター内に保存されます。

ハッシュ関数暗号化

取引データ「トランザクション」はオープン化されているため、トランザクション内部の「具体的な取引内容」はハッシュ関数によって暗号化されます。

■メリット

非中央集権型サービス

ブロックチェーンは、中央管理者を必要としないため、国家や特定の組織による独裁的な中央集権化を防げます。

低コスト

ブロックチェーンは処理が分散されるため、大量データを扱う場合でも比較的低コストで構築できるメリットがあります。

また、特定の金融機関を利用する必要がないため、海外への送金コストを大幅に削減できます。

セキュリティ(改竄されにくい)

ブロックチェーン内のブロックは、他のすべてのブロックとの関連性を維持しているため、1つのブロックを改竄しても他のブロックとの整合性があわずエラーとなります。

堅牢性

ブロックチェーンは、ブロックが破損しても他のブロックを利用してデータ復旧を行えます。

また、分散システムでもあるため、システム障害に強く堅牢性が高いシステムを構築できます。

■デメリット

処理速度

ブロックチェーンには「処理速度に制限がある」という課題があります。

消費電力

ブロックチェーンを処理するためには多くのコンピューティングパワーが必要となるため、コンピュータを動作させるための消費電力の多さが問題として指摘されています。

「スマートコントラクト」とは

スマートコントラクト(Smart Contract)とは「あらゆる契約行動をデジタルで表現しプログラム化することで、事前に定められたルールに従って自動的に資産などを移転させる仕組み」を指します。

取引プロセスを自動化できるため「決済期間短縮」「不正防止」「仲介者を介さないことによるコスト削減」などが期待されており、世界的に取り組みが進められています。

→NAL-HR →契約​を​自動化​する​​​「​スマートコントラクト」​—概要と活用例​

■「ブロックチェーン」と「スマートコントラクト」との関係性

ブロックチェーンの分散データベース技術の革新性を仮想通貨以外にも活用することが考えられた結果として「スマートコントラクト」との連携があります。

スマートコントラクトをブロックチェーンと組み合わせることで、当事者間のプライベート取引をプログラムとしてブロックチェーン上で記載し、契約の執行条件が満たされた場合に、契約が自動執行される仕組みを開発できます。

最後に

弊社(NALグループ)では、ベトナムでのオフショア開発という形態で「ブロックチェーン技術を活用するスマートコントラクトシステム開発」などのご提案も行えます。

まずは、お気軽にご連絡ください。

もっと知りたい方は、こちらへ

 

参考元サイト

About the author: admin