クラウドAIの特徴比較

「クラウドAI」について紹介します。

クラウドAIとは

■概要

クラウドAIとは、クラウドプラットフォームで提供されるAIサービスです。

機械学習のライフサイクル全体について「データ取得」「モデル開発」「運用」までをサポートします。

主な特徴

・高い処理能力
・高セキュリティ
・柔軟性
・アクセス性
・低コスト

■学習済みクラウドAI

本来なら、AIに対する学習処理が必要ですが、クラウドAIでは学習済みモデルを利用できます。

用意されている自然言語処理機能を利用して、手軽にAIチャットボットなどのシステムを作成できます。

■急成長するクラウドAI市場

機械学習プラットフォーム市場は「2021年まで年間成長率15%で拡大していく」という予測もあり、大きな注目を集めている分野です。

主要クラウドAIの特徴比較

主要なクラウドAIの特徴について紹介します。

■AWS「Amazon Machine Learning」

概要

「Amazon Machine Learning」は、どのスキルレベルの開発者でも、機械学習テクノロジーを簡単に使用できるようになるサービスです。

複雑な機械学習アルゴリズムやテクノロジーを習得する必要なく、機械学習を利用できます。

アルゴリズム/手法

次のような組み込みのアルゴリズムを自身のデータに適用できます。
・回帰分析
・二項分類
・多項分類 など

オフィシャルサイト

→AWS →Amazon Machine Learning

■Azure「Azure Machine Learning」

概要

「Azure Machine Learning」は、クラウドおよびエッジを対象とするオープンで融通性のあるAIを開発できます。

インテリジェントに理解/処理/動作するAIアプリケーションをビルドできます。

アルゴリズム/手法

ユーザーは、以下のような事前に作成されたアルゴリズムを自身のデータに適用できます。
・スケーラブルブーストディシジョンツリー
・ベイシアンレコメンダーシステム
・ディープニューラルネットワーク
・ディシジョンジャングル
・分類
・多項分類と二項分類
・回帰クラスタリング など

オフィシャルサイト

→Azure →Azure Machine Learning

■Google Cloud「Google Cloud Machine Learning」

概要

「Google Cloud Machine Learning」は、事前学習済みのモデルを活用し、ユーザー独自のカスタムモデルを生成可能な最先端の機械学習サービスです。

他の同様なサービスと比較した場合、学習能力が高く、精度も向上しています。

アルゴリズム/手法

最先端アルゴリズムへのアクセスをユーザーに提供します。
・動画分析
・画像分析
・音声認識
・テキスト分析
・翻訳 など

オフィシャルサイト

→Google Cloud →CLOUD MACHINE LEARNING サービス

■IBM「IBM Watson Machine Learning」

概要

「IBM Watson Machine Learning」は、IBMの実績あるアナリティクスプラットフォーム上に構築されています。

ディベロッパーやデータサイエンティストの課題解決をサポートします。

アルゴリズム/手法

ユーザーは、REST APIコネクターを利用して、任意の言語で独自のアルゴリズムを構築できます。

オフィシャルサイト

→IBM →IBM アナリティクス →機械学習

まとめ

各社のクラウドAIにはそれぞれの特色(長所/短所)があります。クラウドAIサービスは、全般的に、発展途中段階で成熟していないため、「どのAIサービスを利用するのがベストなのか?」について判断するのは難しい状況にあります。

弊社(NALグループ)では、ベトナムでのオフショア開発という形態で、クラウドAIを活用する機械学習機能開発についてのご提案も行えます。

まずは、お気軽にご連絡ください。
→NAL Human Resources

 

参考元サイト

About the author: admin